So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

絶対勝てないパチンコのしくみ [パチンコ業界]





 「絶対勝てないパチンコのしくみ」とは???

 下記の写真をご覧下さい。これは神奈川県川崎市の駅近郊にある繁華街の脇にある
この地方では有名なある系列のパチ屋でのパチンコのデータカウンターです。

 ある日、職場の友人と飲みに行った帰りに友人が「パチ屋へ冷やかしに行こう」

というので、21時もまわりかけてたので

 「自分はしないけど遊ぶなら羽根物であそびなさい」と

アドバイスをして友人が打ってる台の状態が記録されたものです。

 おおよそですが、友人もまあまあパチンコは得意というので

台を選んで打ちますが、最近の羽根物は小中大と大当たりしても

抽選振り分けによって出玉が大きく異なります。

 台のスペック上はこの振り分けは各々3割づつで流れにより偏りもありますが

基本、スペック通りでよく回る台(大当たり入賞確率があがる)は

出玉を貯めることができるはずです。が、しかし下記の写真は

 全て別の台ですが(友人がこの日は3台移動した)、

共通して言えるのは、「回収した分に応じて抽選が振り分けられている」

ということです。(各写真をよくみてください)

①台目 
CA3I0482.jpg

②台目
CA3I0483.jpg

③台目
CA3I0484.jpg

 意味分かりますよね。

本来この種の台で勝ちを狙う場合は当然このように

せいぜいスタート(左、右、中のチャッカーに玉が入り羽が開く事)

回数が10~20位で当たりを繰り返し、その約束上の3割の振り分けで

出玉を積んでいくものなのですが、上の写真のように盤面では「超」

となっている16ラウンドの大当たりが極端に少ないのと、

この友人が実践している少ない大当たりの場合は殆どが「小」と

表記されているとおり、2ラウンド「出玉は200発未満」しか

獲得できておりません。

(ラウンド抽選は玉がチャッカーに入った時点でされており、
 その後役物内にて大当たりした場合に決定される)

 これでは大当たりに費やした玉数を回収するどころか、

どんどん追加投資せざるを得ません。

 このホール、この羽根物は機種混合で10台設置しておりますが、

どの台も同じような体たらくです。

 友人も一所懸命あの手この手で大当たりを手早く獲得しますが、

どれもこれも「小」あたりばかり振り分けられております。

結局、友人とも他の台の大当たり状況を見渡し結論として

「この店はおかしい」 よく言われる「遠隔操作」的な

臭みが「プンプン」するという事で早々に少ない出玉を景品交換して

店を後にするのですが、その出たとこの交換所に併設されている設備が

この写真。
CA3I0485.jpg
(一応画像処理しております)

 たまに地方でもよくみますが、堂々と「サラ金」のATMが併設されております。

あまりにもの「守銭奴根性」に嫌気がさしますね!!!

ちなみに「パチ屋」もサラ金も経営は「同一民族」です。

いわば「つるんで」「仕組んで」ます。

 みなさん気をつけましょう!!(特にこの川崎駅近郊の店は要注意!!)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パチンコ
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。